ニキビ跡消す > 皮膚科でのニキビ治療は何をする?

皮膚科でのニキビ治療は何をする?

テレビCMでもニキビを治すなら皮膚科へ行こうということが宣伝されたこともあり、皮膚科でのニキビ治療は一般的になっています。 ですが、まだニキビ治療のために皮膚科を利用したことがないという人も多いのではないでしょうか。

皮膚科でのニキビ治療では、その人に応じて一番良いと思われる治療が実践されることになるでしょう。 場合によっては複数の治療法を組み合わせることもあります。

まず、皮膚科でニキビ治療をする際にどのような費用がかかるのかというと、治療薬の費用の他、初診料や再診料がかかることになりますね。 保険が適用されれば3割負担となります。

注意しなければならないこととして、皮膚科で行う治療ならば全て保険が適用となるわけではありません。 例えば、ケミカルピーリングは保険が適用とならないため、全額自己負担となることを理解しておきましょう。 ケミカルピーリングとはフルーツの酸を使って古い皮膚を剥がす治療法です。

では保険が適用される治療にはどういったものがあるのかというと、まず外用レチノイドが挙げられます。 こちらは日本だけでなく海外でもニキビ治療の際に多く取り入れられている治療薬で、毛穴の詰まりを取り除く効果がある塗り薬です。

炎症のないニキビ治療には、イオウ製剤と呼ばれるものが使われる場合が多いです。 これは、ニキビに塗ることによって毛穴につまった角質を剥がすための薬です。

あとは抗菌薬も出してもらえます。 抗菌薬には塗り薬と飲み薬の両方があるのですが、症状に合わせたものが処方されることになるでしょう。

ニキビを潰すと早く治るという話を聞いたことがある人も多いはずです。 皮膚科では、面ぽう圧出という形で専用の器具を使い、ニキビを潰す治療法もあります。

面ぽう圧出に使う専用器具はドラッグストアや薬局でも購入することができますが、自分で行うとニキビ跡として残ってしまう可能性があるので、専門家である皮膚科の医師にやってもらったほうが安全です。