ニキビ跡消す > 基本の白ニキビ対策

基本の白ニキビ対策

まだ本格的なニキビになる前の状態を白ニキビといいます。 1~3ミリ程度の小さなニキビのことですが、ニキビを悪化させないためにはこの段階で完治させることが重要となります。

そもそも白ニキビとはどのような状態なのかというと、これは毛穴の出口が古い角質や汚れでふさがれている状態です。 このことからも分かるように、毛穴に汚れを溜め込まないことが基本のニキビケアとなります。

どういった場合に毛穴に汚れが溜まってしまうのかというと、いろいろな理由があります。 まず、メイクをする女性の場合、ファンデーションが毛穴に入り込み、それが毛穴を詰まらせてしまうこともあるんです。

メイクをしても、その日のうちにしっかり落として寝ているのであればニキビはできにくいですが、クレンジングが不十分だったり、朝起きてからメイクを落としている人はニキビができやすくなります。

リキッドタイプのファンデーションは毛穴の中に入り込みやすいため、ニキビがある人はリキッドタイプを避けたほうがいいでしょう。 また、厚塗りをするとそれもファンデーションの成分が毛穴に詰まる原因になるので、薄く塗ることを心がけるのがおすすめです。

あとは定期的にピーリングを行うと毛穴が詰まるのを防ぐことができます。 ピーリング石鹸などを使えば自宅で簡単にピーリングができるので、ひとつ用意しておくといいですね。 石鹸以外にもジェルタイプのものなどもあります。

これらの対策をしても白ニキビが頻繁にできてしまうという場合は、もう一度洗顔法を見直してみてはどうでしょうか。 自分では正しく洗えているつもりでも、実際には洗い方が不十分だったり、逆に洗いすぎている可能性があります。

ニキビ対策の基本は洗顔であるため、ニキビができやすい人は洗顔方法に問題があることが多いんです。 白ニキビは小さくて目立たないものではありますが、この段階で治すことができるかどうかが重要なので、毎日肌をチェックして白ニキビができていたらすぐに対策を取りましょう。