ニキビ跡消す > あごにできるニキビの原因と対策

ニキビ跡消す-あごにできるニキビの原因と対策

思春期のニキビが額にできやすいのに対し、大人ニキビはあごにできやすいという特徴があります。 あごは、顔の中でも皮脂の分泌量が多い場所であるため、ニキビができやすい場所です。 しかも、治りにくい場所としても知られているので、普段からのケアに力を入れることが大切だと言えるでしょう。

あごにニキビができてしまう原因として他に挙げられるのが、ストレスやホルモンバランスの乱れ、それから衛生状態の悪化などです。 毎日しっかり洗顔をしていたとしても、ホルモンバランスが乱れるとそれだけで大きなあごニキビができてしまうこともあります。
ニキビ跡消すには?洗顔と保湿によるニキビケアが重要!

男性ホルモンが増えるとニキビができやすくなるのですが、あごは男性だとヒゲが生える場所でもあり、男性ホルモンの影響が大きく現れる場所なんです。

予防・治療をするうえで考えたいことはいろいろあります。 まず、洗顔に関することです。

顔をしっかり洗っているけれどあごにニキビができてしまうという人の中には、洗顔料などの成分をしっかりすすぐことができていない人もいます。 あごは顔の中でも下のほうにあるわけなので、すすいだ水はあごを通って落ちますよね。

あごに洗顔料が残らないよう、顔をすすぐ際には額から顎という形で上から下にかけてすすぐように心がけましょう。

あとはストレスを溜めこまないように心がけることも大切です。 ストレスはホルモンバランスを乱す大きな原因ともなるわけなので、ストレスが溜まっていると感じているのならばゆっくり休むようにしたほうがいいですね。

あごに目立つニキビができてしまうと、それがストレスの原因になってしまうこともあります。 しかし、あまり悩みすぎてしまうとそれがストレスになってあごニキビが悪化してしまうわけなので、適切な治療を行ったらあとは気にしないように心がけるようにしてみてはどうでしょうか。

また、あごに刺激を与えないようにするのも重要です。 例えば、あごに髪が触れるような髪型をしていれば髪をまとめたり、切ったりするのがおすすめです。